Sample Company

歯周病とは?


歯周病の発症と進行
歯周病の最大の特徴は、最初はプラークや歯石が停滞することで歯茎が腫れる歯肉炎から始まるが、その炎症が慢性化することによって自分の骨を破壊していく歯肉炎となって進行すると言うことです。
また、進行した歯周病では骨は図のような不整な形となり、清掃性が非常に悪く、歯石が溜まりやすくなっておりさらなる炎症を惹起しやすい環境となります。
なぜ、自分の骨を溶かすのかについては、歯茎の中で歯周病原菌に対しての免疫反応によって産生されるサイトカインが骨破骨細胞と呼ばれる骨を溶かす細胞による骨の破壊を惹起すると言われています。また歯周病の進行にはかみ合わせの影響も大きく、食いしばり等のある方は奥歯を中心に骨が溶けて来ることもあり、歯周病の進行が様々な因子によって起きる多因子疾患であることを示しています。
また、自覚症状が非常に少ないのが特徴で、かなり進行してしまってから50代・60代になってようやく気付くことも多い病気です。さらに糖尿病との相互関連は以前から指摘されていたのですが循環器系の病気や低体重児出産、さらには関節性リウマチなど様々な全身疾患との関連も解明されています。
ハートフル歯科ではこの歯周病の治療を臨床の中心として様々な治療を展開しています。

ハートフル歯科の歯周病治療について

歯周病の非外科治療と外科治療
ハートフル歯科の歯周治療は、歯周病を専門としてきた院長による基本に忠実な治療を行なうことをモットーとしており、診断を重視し、患者さんとの対話の中でご希望にあった治療をご提案していきます。流れとしてはまずはプラークや歯石の除去を目的とした基本治療を行ない、その上で再度評価を行い、歯周病が進行した例などでは外科的な治療をお勧めすることもあります。
前に述べたように歯周病は骨の破壊が特徴で、それによって進行例では歯周病が悪くなりやすい環境が存在していますので、その環境改善のために外科的な処置を行うこともあります。ケースによっては再生治療が可能な場合もあります。
また、歯周病治療のゴールは完治というよりも、ご自身でコントロールしやすい環境の獲得が目的ですので、治療後も毎日のお口のケアと定期的なプロケアが重要となります。