Sample Company

歯が抜けた後は?



歯が抜けた後には必ず何かしらの治療をしなくてはいけません。それは上図のように、歯が無いと隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた対側の歯が伸びてきたりといった変化が生じるからです。
それを放置していると、かみ合わせが低くなって顎関節症を起こしたり、食べ物を噛み砕く能力が落ちるために咀嚼(そしゃく)障害と言った機能障害を生じます。また、かみ合わせが低くなると顔つきが老けて見えたりといった審美障害ももたらすために早めの対応が重要です。
治療としては①ブリッジ…抜けた歯の両隣の歯を削ってつながったかぶせを作製する方法です。固定式なので違和感がありませんが両隣の歯を削る必要があるなどのデメリットもあります。②入れ歯…義歯も選択肢の一つです。入れ歯の特徴は周りの歯や組織を傷つけなくて良いことです。着け外しのわずらわしさや慣れが必要ではありますが、スタンダードな治療法です。金属のバネを使わない入れ歯は当院でも人気です。③インプラント…これは人工歯根を外科的に歯のあった骨に埋入(まいにゅう)し、その後骨と馴染んだら上にパーツを付けてかぶせ(上部構造)を取り付ける方法です。見た目や機能ともに他の方法よりも優れています。ただし、保険が利かないことと外科処置を伴うこと。さらには部位によっては骨の状態等から適応でない場合もあるなどの特徴があります。
お口の中の状態によって適した治療法は異なります。ご相談ください。