Sample Company

歯の根っこの治療とは??


根の治療が必要になる原因は大きく分けて2つあります。①大きな虫歯が神経まで至った歯髄炎②神経の治療後、再度感染性の炎症が起きて、歯の根の先にまで炎症がいたると歯根膜炎という状態になるとまた再び痛みが出ます。
 治療は最初に上図①の様に虫歯を除去、神経の部屋まで歯を削り、②歯の神経の入っていた空洞をしっかりと形を整え、③消毒を行って炎症を取り除いてから、④最終的なお薬(樹脂)を充填します。その後、⑤プラスチック製のセメント、ガラス線維や金属などの”コア”にて補強を行ってから、かぶせを作製します。
ただし、虫歯の大きさによってはセメントを詰めるだけ、小さな銀歯だけの修復で対応できる場合もあります。
神経の治療は非常に地味な治療ではありますが土台作りとなるだけに大変に重要な治療です。
 またそもそも、歯の”神経”と呼ばれる歯髄は神経だけでなく小さな血管等たくさんの細胞が存在する大事な組織です。これを除去することは歯が死んでしまうことを意味します。そこで当院ではなるべく”神経”を残す治療法も行っています。