Sample Company

虫歯の進行と治療方法


図の説明
上段:①浅い虫歯…まだ表面だけの虫歯です。②…次第に大きくなって ③…ついには神経にまで虫歯がいたります。こうなると神経の治療が必要です。→神経の治療の説明はコチラ
下段:各種治療について 白いセメントによる治療は最近の材料の進歩により、割と広く適応となりました。見た目も治療直後は白く自然なので多用されます。ただし、虫歯が大きかったり、かみ合わせの強い方では古くからある銀歯も重要な治療法の一つです。保険材料では金銀パラジウムと言う合金が使われます。保険外診療ではゴールドなどの貴金属を用いることもあります。さらにはセラミックハイブリッドといった高い物性をもった材料を用いた白い詰め物も最近は問い合わせの多い治療法です。→歯科治療で使う材料の話はこちら

ハートフル歯科の虫歯の治療について


ハートフル歯科ではMI(最小限の侵襲:minimum intervation)コンセプトに基づいた虫歯治療を行なっております。これはなるべく歯を削らない虫歯治療の事で、具体的には上図にあるような虫歯の大きさに合わせた多数の大きさの切削器具を用いることや最新の接着性材料を用いることにより、健全な歯の切削を最小限にとどめます。
また、初期虫歯については初期う蝕の再石灰化プログラムに則って、食生活についての見直しやフッ化物塗布及び定期的なプロケアをお勧めしています。また、虫歯になり易さを検査する虫歯リスク検査も行っており、虫歯の予防も積極的に行っています。